ハリル監督の責任だけでしょうか?

0

    サッカー日本代表ハリル監督解任ですね。

    ワールドカップは、4年に一度、日本サッカーが、

    世界に挑む「日本サッカー検証の機会」でもある。

    日本選手・日本サッカーは、何が出来て、何が不足しているのか?

    一人の指導者として、世界サッカーの進化・選手個人スキル・戦略など

    世界基準の中で、日本サッカーの現在地と指導の振り返り・指導テーマを

    磨き整える機会でもある。

    そもそも、日本サッカーのスタイルは何でしょうか・・・

    我々オフトジャパンは、ミッションを達成できませんでしたが、

    東アジア・アジア・アフロCUP3冠を通じて、テンポの速い

    パスサッカーで、フィジカルコンタクトを受けずにフィニッシャー

    カズ・高木・ゴンへとボールを届け、ゴール・結果へと繋がりました。

    日本サッカーが、アジア・アフリカを制し、日本サッカーの可能性を

    見出したはずです。日本人にしか出来ないサッカーがあるはずです!

    フランス大会・日韓大会でも、テンポアップ・精密化されたパスサッカー、

    フラット3導入と、日本サッカースタイル・トルシエコンセプトが融合して

    攻守ハイレベルなサッカーが展開されていました。

    日本サッカーは、確実に精密化され、進化していたはずだが・・

    オシム監督就任は、大きな喜びでしたが・・

    以降、日本サッカー「育成年代・日本代表」は彷徨い、日本スタイルを求め

    フランス・スペインなどなど・・日本サッカーは、どこに向かってるの・・

    監督・スタイルの差し替えばかりで、日本サッカー何ら発展しておりません。

    日本サッカースタイルを打ち出すのは、誰の仕事ですか?

    ワールドカップ・アンダー世代ワールドカップで活躍・称賛される

    各国・選手には、整備されたスタイル・タスク・ディシプリンがあり

    経験を積むことでより強固に洗練されている。

    ハリル監督は、アジア予選突破のミッションは達成したが、再契約後の

    成績不振?により解任されたが、プロ監督の仕事・結果として当然のこと。

    但し、日本代表をこの状況に至らしめた責任は、ハリルさんだけの問題でしょうか・・

    首の据え変えと責任転嫁だけでは、日本サッカー界は変わらないのでは。

    日本サッカーが目指すべきサッカーを議論すべきでは・・

    他人任せではなく、日本人にしか出来ないサッカーで世界に挑戦しようよ!

    JFAの仕事では、サッカーのプロフェッショナルですよね!

    ・・日本人にしか出来ない日本サッカースタイルを構築するべきです!

    その上で、フル代表から育成年代の監督を選ぶべきでは!

    ロシアでの日本代表・JFAの仕事には、期待し、声援を送ります。

    正しいジャッジと良い仕事を願っております。吉田光範

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.09.21 Friday
      • -
      • 14:04
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

       PR

       calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

       selected entries

       categories

       archives

       recent comment

       links

       profile

       search this site.

       others

       mobile

      qrcode

       powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM