240KM

0
    今日は、指導・打ち合わせと忙しい日でした。
    午前中は、静岡・福田で静産大のTR,終了後に愛知・豊橋に移動して
    愛知大学のTR。愛大は、今日、三好校舎の1〜2年生の選手が参加して
    くれました。初の合同TRでしたが、良い雰囲気でプレーしてくれたことに感謝。
    サッカーはいいね!
    次は、刈谷に移動して、ウェーブスタジアム刈谷で藤城氏と、スポマネ舞紀さんとMT.
    ラストTRは、我が後輩たち刈谷トレセンで指導。将来楽しみな選手たちです。
    トレセンコーチの先生たちにも感謝。これからも宜しくです。
    森田・風邪早く治せ・・・楽しい240KMの1日でした。

     

    CL決勝トーナメント

    0
       CL(チャンピオンリーグ)再開です。
      バルサ VS レバークーゼン(ドイツ)3−1 バルサ勝利:メッシすごいですね・・
      バルサが、アウェーにて、ドイツのレバークーゼンに3ゴール。ドイツですよ・・
      過酷なスケジュール、状況に関わらずすごい結果を残します。
      リーガエスパでは、前節2−3で敗れ、レアルとは、勝ち点10差になりました。
      だが、4年間で16大会のうち13タイトルを獲得しているバルサは、リーガもあきらめず
      首位レアルを追走するでしょう。
      リーガとCL・世界トップで指揮する、バルサ・グラウディオラ監督が語っています。
      「バルセロナは、トップチームとカンテラ(下部組織)で成り立っている。」と・・・
      リーガ前節では、主力5名をベンチに座らせ、カンテラの選手を起用している。
      すべての試合で、勝利を義務付けられるなかでカンテラの選手を信頼し起用する
      自信と決断力、そしてコーチンググループ(一貫指導)との絆。
      私も、良い仲間とコーチンググループを築きたい。
      そして、魅力ある人・選手を育てたい。

      挑発

      0
         今日は、久しぶりに海外リーグのチェック。
        スペインは、レアルが順調ですね、C・ロナウドがゴール量産、存在感抜群です。
        バルサと2強ですが、バルサが後方からプレッシャーを懸け続けることでしょう。
        楽しみです。
        プレミアリーグ・
         マンチェスター・U VS リバプール 2:1 マンUの勝利
        この2チームは、プレミアリーグの歴史の中で成功を収めてきたビッグクラブ。
        プレミアリーグは、サッカーを紳士のスポーツとし、フェアプレーをサポーター
        も求めます。
        良いプレーには、相手選手にも拍手を送る、素晴らしい光景が象徴的です。
        この2チームの対戦でのエピソードです。
        昨年の10月・1STREG対戦時 
        リバ・FWスアレス(ウルグアイ代表)がマンU・DFエブラに対し、人種差別発言を
        して、8試合出場停止処分を受ける。
        2NDREG:試合前の2選手の握手を誰もが望んだが、リバ・FW・スアレスが拒否。
        試合後、リバプールがクラブとして謝罪、監督、スアレスも謝罪した。
        この記事から、2006・7・9を思い出す。
        FIFA・WーCUP決勝  フランスVSイタリア
        フランスキャプテン・ジダンに対して、イタリア・マテラッツィが、
        ジダンの家族に対し、屈辱的な暴言を吐き、激高したジダンが報復行為をした。
        この試合で現役引退を表明していたジダンは、このような状況でピッチを去った。
        この件で論争が起こったが、ピッチ内での挑発行為は無くならないですね。
        1対1の局面では、厳しい接触プレーや暴言で、相手の冷静な判断力を奪いにかかる。
        国際ゲームでは、常に起こる、想定内ですが、人権・家族に関する暴言は、
        プレーヤーである前に、悲しい人ですね。
        マンチェスターUのファーディナントは、スアレスに対し「敬意を失った。」と
        コメントしています。
        良い選手=良い習慣の法則+αですね・・・独り言です。
        今後の育成指導の大きなテーマですね。
        私も、GK以外のポジションを経験しましたが、点取り屋の時に、
        多くの洗礼?を受けました。
        そんな経験のなかで、どうプレーすべきか学ぶんですね。







        感謝

        0
          今日、刈谷市ウェーブスタジアムにて、本年4月に開講するサッカー教室の
          記者会見を行いました。
          お忙しいなか、お出で頂いた記者の皆さま、本当にありがとうございました。
          会見後は、ジュニア1年生〜3年生・40名参加のサッカー教室を行いました。
          神谷さん、いつもご協力、感謝しています。
          多くの皆さんのご支援、ご協力を頂き活動ができる。
          感謝の気持ちを情熱に変えて、指導を行います。
          多くの子供たちに会いたいですね。 

          2・8

          0
            2・8
            今日は、我が嫁さんの誕生日です。
            苦労を懸けております。いつもありがとう。
            とても、料理が美味しいんです。
            和洋中・冷蔵庫にあるもので何にでも変化させてしまいます。
            元気で仕事に行けるのも、健康であるからこそです。
            感謝です。さあ、仕事です。

            勇気

            0
              ロンドン五輪サッカー最終予選
               U−23   日本代表 VS シリア戦
               * 重圧のかかるゲームだからこそ日本のスタイルで戦うべきだ。
              日本は、前半から前線へのロングボールを多用し、「ボール・試合のリズム
              ・エネルギー」を失う。
              そして、重要な勝ち点を失った。
              グランドコンディションが悪いから、リスクを回避して無駄なロングパスに
              頼ったのか・・
              サポートもいない、プレッシャーもかけれない数的不利な状況である前線に
              ボールを入れ、ボールを奪われる確率90%以上。ほぼ、シリアボールになったね。
              ノーリスクな判断が、逆にハイリスク状態になった。
              前半10分までの相手ラインを下げさせるジャブを打っているのかと考えていたら、
              試合が終わってしまったね。
              日本サッカーが、ロングフィールドで、一か八かの打ち合いで勝ち点が奪える確率は
              いかほど?
              メンバーが変われど、グランドに問題があろうが、なぜ・リスクを恐れず
              勇気を持って日本スタイルで闘わない。日本人は、丁寧な仕事が魅力です。
              監督さんよ・ あなたの、勇気に期待したかった。
              日本の選手は素晴らしいぜよ。
              U−23日本代表:絶対にあきらめず、良い仕事を魅せてください。
               
              吉田光範




              遠州灘

              0
                今日は、午前・午後、2大学のトレーニング。
                午前の部は、遠州灘福田浜にてフィジカルトレーニングを行ました。
                積極的な走りを見せてくれました。素晴らしいです。
                砂浜によって、砂の質が違うんですよ。
                遠州灘・福田(ふくで)浜の砂は、少し水分を含み重みがあります。
                競馬場コンディションに例えれば、晴天でも重馬場状態。
                トレーニングメニューによっては、充分な負荷がかかります。
                私も、ヤマハ時代によく走りました。日頃使われていない筋肉に心地良い?
                刺激が入ります。乳酸の出方が早く、メンタルも鍛えられます。
                もちろん乳酸除去能力もレベルアップします。
                毎年、東京のサッカー名門校も福田浜で、走り合宿を行います。
                監督さん、「この浜の砂が、ええんよ、腰回りの筋肉が変わる」そうな・・・
                環境を変えて、身体・心を鍛えることも良いことですね。
                遠州灘は、ウミガメの産卵浜でもあります。

                U−13トレセン

                0
                   今日は、静岡・愛知を移動しての指導日。
                  大変な天候でした。雪が舞い、県境の豊橋では積雪がちらほら。
                  午後から、ウェーブ刈谷にお邪魔してから、U−13刈谷トレセン。
                  楽しみな選手たちです。ON・OFFのピッチで良い習慣を身につけてほしいですね。
                  観て・考えて・行動する選手・学生になってください。
                  今後のみんなに期待します。

                  鍛える時期

                  0
                    厳しい寒さが続きます。
                    静産大・愛大サッカー部のシーズンが始まり、選手たちも開幕に向け
                    厳しいトレーニングを行っています。
                    心・体・技術のレベルアップに期待します。
                    数年後には、社会人です。
                    トレーニングを通して、強い心を養っていただきたいですね。
                    私も、二十歳のころ厳しいトレーニングをしましたね。
                    午前2時間・午後3時間の練習量ですね。
                    苦しいトレーニングでしたが、楽しかった。
                    先輩や同僚に恵まれ、厳しくもサッカーを追求する環境があった。
                    杉山隆一さん率いるヤマハサッカー部は、その年、天皇杯で優勝したそうな。
                    頑張れ・学生たち!

                    刈谷トレセン

                    0
                      本日、午後から刈谷ウェーブスタジアムにて、藤代君・笹島さんと打ち合わせ。
                      澤辺さん、いつもお邪魔しています。
                      夕方から、デンソーさんのご協力で池田グランドをお借りして、刈谷市トレセンをおこないました。今日は、U−14とジュニアの5・6年生が同じピッチでトレーニング。
                      いい雰囲気でしたね。U−14の選手たちも高度な集中力でプレーしていました。
                      お互いが刺激し合える環境もいいですね。
                       


                       PR

                       calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                       selected entries

                       categories

                       archives

                       recent comment

                       links

                       profile

                       search this site.

                       others

                       mobile

                      qrcode

                       powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM